環境と生ゴミ処理施設の課題!!

今朝は散歩の後、市の環境課職員と
佐口静男氏(佐口農園)宅前にある、

”生ゴミ処理施設”を視察する。この施設、

今から約6年前の2010年12月に、
佐口農園が導入した生ゴミ処理施設である。

佐口氏は地域に密着した生ゴミの
循環型リサイクル目指して有機肥料を作り
近隣のJAアイラ加盟農家や市内の
家庭園芸愛好者への販売を目指して、

当時の市民生活部長故M氏他所管課の
承諾を得て導入した施設である。

“KN高温菌と太陽光を利用した
”有機物発酵処理システム“は、

ウルトラバイオ高温菌(UB高温菌)を、
水分調整した生ゴミと混ぜて、
ソーラーハウス内に積上げることで、

UB菌が一気に増殖し3~10日で
80~100°Cの高温を発生させる。

密閉式のハウス内では、
80°C以上の高温と紫外線により

雑菌やアンモニア等の悪臭を抑制し、
塩分や硝酸態窒素を低減した品質の高い
有機堆肥 を短期間で生産する。

これまでの温度を高めるための
熱源(ガス・電気等)や手間の掛かる
切り返し作業、攪拌設備が不要で、
設備投資・ランニングコストを抑え
堆肥生産を効率よく行うシステム。

また、農家の5トン未満の生ゴミ収集は、
肥料収集として扱われ規制がなく規定内の
生ゴミを収集して有機肥料にして、
還元するエコシステムとして期待され、
廃棄物運搬業としての認可を受けており、

現在では3カ所の公的施設から排出される
生ゴミを収集している。

ところが、昨年と今年の2回にわたって、
小生の事務所宛に匿名の封書が届いていた。

匿名ということもあり特に、
問題にしていなかったのだが・・・。

(つづく)

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment