• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 高橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”その⑧(神奈川新聞連載)

高橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝”わが人生”その⑧(神奈川新聞連載)

神奈川新聞に連載された
高橋弘会長(万葉倶楽部)の自伝、
”わが人生”転載、その⑧。

ー階段を下りた先には、
全国でも珍しい
横穴式源泉「走り湯」が湧いています。

伊豆山神社の名は、

湯がで”出づ”に由来されるとされ、
「伊豆」の地名も
そこから生まれたと云われます。

子供時代の思い出は
同神社と深く結びついています。

鬼ごっこや隠れんぼで遊ぶのは
境内や鳥居の下にある
「宿の平」(しゅくのたいら)でした。

登校の際は「宿の平」に
児童20~30人が集合し、
野球などでひとしきり遊んでから
集団登校しました。

上級生に引率され
一列に並んで行くのです。

4月15日には

同神社の例大祭がありました。

その日は学校が早く終業し、
先生に連れられて、
みんなでお参りに行って
現地解散でした。

農機具や瀬戸物などを売る
露店がたくさんでました。

親からお祭りの小遣いをもらえるのが、
とても嬉しかったです。

小遣いをもらえるのは
お祭りと正月のお年玉くらいでしたから。

境内の桜は今より開花時期が遅く、
年によってはちょうど
祭りの頃に満開になることもありました。
(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment