• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 吉山直樹氏(西武文理大教授・医学博士)に高血圧の専門医としての期待。

吉山直樹氏(西武文理大教授・医学博士)に高血圧の専門医としての期待。

今日は午後から函南町へ。ユニクロにてGパンを一本。
サイズは32インチ。骨盤矯正が奏功しているのかウエストが伸びない。
お直しの時間を利用して気分良く、愛犬ふ〜とユニクロ駐車場から、
蛇が橋ポンプ場沿いを散歩する。そのまま帰宅すると、グッドタイミングで、
DR吉山直樹ご夫妻が自宅ビル前を通りかかった。昨日は小生の事務所にて、

熱海市役所前の野田ビル内での開業報告をして頂いたのだが、
写真を撮る機会を逸していたので、携帯写真に収める。今日はその写真と、

美枝子夫人から以前、長女ご家族が遭遇した2年前の
ニュージーランド大地震を記録したグラビア写真集を頂戴しているので、
それを動画で関連づけでご案内したい。と、いうのも、

DR吉山は現在、福島県須賀川市の公立岩瀬病院にて
東日本大震災や福島原発事故への不安、悩みを抱える人を対象に
「心の相談室」を開設しているからだ。これは予約制で
月に一回程度、日本心療内科登録医が診察しているものだが、

被災者に対する心配りには人一倍で、震災後の
被災者に与える精神的なダメージについて、阪神淡路大震災で
発生から半年後に自殺が相次いだ事を教訓にしていた、またDR吉山は

かつてカンボジア難民医療団副団長を務めたほか、
震災後は岩手県の被災地診療所や東京都助産婦医師会に協力し
福島県の母子支援にも当たっている。以前、DR吉山は、

ー福島県では今後も放射性物質を絶えず意識しながらの生活が続く。
医療で支えるのが私たち医師の役目である。岩瀬病院「心の相談室」にて、
不安や心の悩みを気軽に相談できる環境を整えているー、と、話していた。

今日は立ち話程度だったが、DR吉山は、心療内科医としてだけでなく、
高血圧診療の専門医でもあると聞かされた。生活習慣病予防策についても、
今後レポートさせてもらう予定となっている。

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment