シーファースト株式会社の水循環型手洗いスタンド WOSHをPRする。 

台風14号による被害情報が続く中、
今日は外出を控えて、
自宅にて仕事の整理をしているが、
その中に、

先日、

シーファースト株式会社の執行役員の、
本間敏明専務と
同社の、
渡辺清仁営業本部長が控室を訪問し、

それは同社が開発した、
手洗いスタンド「WOSH という、
商品の説明である。

https://jgoodtech.smrj.go.jp/ja/corp/-/info/JC0000000035605/product/list/list/jpn

先ずはこの商品を
パンフレットから説明すると、

WOSHは

ドラム缶をアップサイクルしたデザインで、
控室でも、
驚くほど場に馴染みことから、

来熱したお二人が説明する通り、

飲食店や小売店、子供の遊び場、 オフィスから
医療現場まで、WOSHなら、
安心して過ごせる空間が実現できそうである。

また、上記写真の製品は、

循環する手洗いスタンドで、

使用した水の98%以上を、
その場で循環し
水道のない場所にもらくらく設置でき、

軟水によるやさしい肌触り、
スマートフォン除菌機能付きということなので、

安心を、もっと心地よく。
今までにない
手洗い体験を提供できるという。

また、
使った水はその場で循環し、
わずか20リットルの水で500回も手洗い可能で、
排水を減らし、
地球のこれからを考えた
手洗いスタンドである。

機能としては3つのフィルターを組み合わせ、
ウイルス/不純物を除去する。

さらにセンサーと連動したAIが、
水質・システムを常時監視・制御することで
水質を保つことが出来るといい、

水道も、下水も、そして工事も不要で、

水を入れて電源につなげば設置は完了。
フィルターなど
定期的な消耗品の交換のみで運用できる優れものであり、

手を洗う間に、

自動でスマホを除菌することができ、
深紫外線(UV-C)で
すみずみまで除菌するとの、
説明を
カタログとともに受けていました。

 

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top