熱海市伊豆山土石流被害、来夏に警戒区域解除へ。

昨夜の共同通信は、

昨年7月に発生した、

熱海市伊豆山大規模土石流で被災した
伊豆山地区について、

斉藤栄市長が、
7日の住民向け説明会で

国や県による工事が予定通りに進めば、
来年夏ごろに
警戒区域の指定を解除できる。との、
見通しについて報道した。

同伊豆山地区は、昨年8月、

二次災害の恐れがあるなどとして、
伊豆山地区の一部を
災害対策基本法に基づく警戒区域に指定し、
立ち入りを
原則禁止したことで、

区域内の住民約200人が
市内外の
公営住宅などで避難生活を続けている。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top