熱海市伊豆山土石流災害にかかる 損害賠償請求事件に関する市長答弁。

本会議初日に行われた
議案第33号(熱海市伊豆山土石流災害にかかる
損害賠償請求事件に関して、

橋本議員と米山議員から、

下記の質問があり、
斉藤市長が答弁しているので、
掲載いたします。

①市として裁判に臨む姿勢に関して。

「斉藤市長」の答弁は、

私からは
議案第33号補助参加について
(令
和3年7月熱海市伊豆山土石流災害に係る損害賠
償請求事件)
に関する
ご質問にお
えいたします。

熱海市は、
自ら原告側に立ち
裁判に参加するこ
とを踏まえると、
当事者に準ずる
位置づけになる
と認識しており、

本条文上、

これについて議会の議決を図ることを
禁じられてはいないものと解釈
しております。
また、
裁判所が議会の議決を
参加の条件として
いることはありません。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top