写真家・山岸伸氏。熱海芸者衆を独自の感性と視点で11月から撮影開始。

先日、

写真家の山岸伸氏と
お会いするため、
神田の事務所にお邪魔する。

兼ねてからの要望だった、

熱海芸者衆を独特の感性で、
撮り上げる計画を立ててから、
かれこれ、
約半年以上が経過していたが、

緊急事態宣言が発出されたことで、
撮影が伸びていたのだが、

山岸先生、この間、

facebookでご存知の方も多いと思うが、

ワイフワークである、

瞬間の顔(新刊本)の仕上げや、

各メディアへの作品の発表、
ヨドバシカメラでの
常設イベントなどなど、
緊急事態宣言下の都内において、
感染予防対策を怠ることなく、
精力的に活動しており、

今回も、

時間が経過したことから、
取りやめるかに思えたのだが、
なんの、
多忙の中とはいえ、
シッカリと
予定から外さずに計画は持続おり、
改めて、
写真作家としての感性を
肌で感じて来ました。


また、

お邪魔した際に事務所で頂いたのは、
女性スタッフさんが、
山岸さんに乞われて、
近くの専門店から購入してきた、

「カレー」に舌鼓を打ったのは、

あながち、
お昼を食べずして、
事務所にお邪魔したからではなく、
同行した、

池田修一氏(熱海ブルネイ錦鯉協会)も、

結構口うるさい方であり、
このカレーに対して、
美味しいを連発し食が細いにも拘らず、
ぺろりと、
食べあげたのを見ても
その美味さは折り紙付きである。

さて、

撮影開始日時や方法などは、
小生からは言えないものの、
11月中旬から、
熱海入りした後、
仕事に入るとのことである。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top