熱海市議会9月定例会。村山けんぞう登壇日。

過日掲載した、

熱海市議会9月定例会での
発言を前にした、
通告書の内容ですが、

発生から約1ヶ月半が経過し、
自民党政権内においても、
菅首相が退陣し、
新たな総裁候補が名乗りを挙げるなど、
自民党内の事情とはいえ、
政局は混沌としており、

時間が経過するに従い、
小生も、
質疑応答に関する前置きの部分が、
微妙に変化しており、

討論の前説の部分も、
微妙に変化しています。

と言っても、

通告質問の変更ではなく、
あくまでも、
前説部分に関してですが、

昨日は、

一日で
会派代表議員が登壇するという、
変則議会ということであり、
今回は、
削除添削した部分も含めて、
前置きの部分を
掲載いたします。

・・・・・・

熱海市政調査会「村山憲三」でございます。
始めに、
伊豆山土石流の被害に遭われた
関係者の皆様方には
心より哀悼の意を評します。

さて、現在、

盛り土流出は人災とする、
被災者の会の皆様方による
告訴状が
熱海署において
受理されましたことを、

真摯に受け止め、

質問をさせて頂きます。
先ずは
崩落した土地所有者の責任を
求めるとともに、

就任直後に造成許可を出した、
就任早々の
斉藤市長に対しても
許認可責任が問われるべき
人災事故はないのかとの、
認識を
新たにしているわけですが、

伊豆山土石流災害は、
発生から2ヶ月半が経過し、
26人の死亡と、
行方不明者1名の捜査が続く
前代未聞の
人災事故だと認識しております。
また、
私は今定例会では、
災害発生当時に来熱した、

菅総理を始めとする
自民党政権メンバーが、

「我々は単に視察に来たのではなく、
皆さんを本気で助けるために来た」と

固い約束をして頂いたことを
真摯に受け止め、また、

斉藤市長も、

被災者の生活再建が
最重要課題と位置づけ、
逢初川流域の
復旧復興に国の支援を賜りたいと要望し、

政府からは、
やれることは全てやる。

被災者が元の生活に戻れ、

観光が復興するように、
予算的にも十分に対応し
ハード・ソフト両面で実行させていただくと、
約束して頂いたことを
重く受け止め、

今回は、

熱海市の基幹産業である観光業の
早期復興への影響も考慮に入れての
質問をさせて頂きたいと思います。
さて、
何故、この災害が起きたのか。
先ずは、

静岡県の話ですが、
2009年3月に、

当時の土地所有会社が崩落した場所に
土砂の搬入を始めました。

(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top