電動カート(NOAA MOBILE=X)がブルネイ国に初上陸。

ブルネイの首都、
バンダルスリブワンガが誇る、
世界最高級ホテルの一つエンパイアホテルに
滞在二日目の昨日、

池田修一氏(一社・熱海ブルネイ錦鯉振興協会)は、
部屋から
一歩も外出でない軟禁状態です。
あと、12日間の
隔離期間を過ごすにあたり、
日本から持ち込んだ
書物やYouTubeを閲覧しながら、
解禁日を
忍耐強く待つということですが、
本当にご苦労さまです。

感謝しています。

さて、

ブルネイに無事持ち込めた、

西原基成氏が開発した、
電動カート(NOAA MOBILE=X)ですが、

カートのバッテリーが
リチウム電池ということもあって、
西原氏は事前に、
成田空港のSQに問い合わせし、
結果、
一般荷物扱いに処理できました。

ただし、バッテリーは
別途手荷物で機内持ち込みとなり、
厳重梱包をしたうえで、
化粧包装材なども同梱しました。

当日のシンガポール航空は、
コロナ渦にありつてか、
乗客は4人だけだったといいます。

池田氏はかつて、
電通下請け時代は企業のイベントで、
頻繁に海外出張してきましたが、
78年の人生の中で、
初となる
異例のフライトにだったと、
lineで伝えてきました。

また、西原氏にとっても、

電動カート(NOAA MOBILE=X)が、
ブルネイに初上陸したことで、
その活用方法他、

大河内博氏の
政府やロイヤルファミリーへの、
アプローチ如何によっては、

EVに対する研究開発を含めて、
大いに期待できる
案件の一つになりました。




村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top