熱海市内の県道上に移設された消火栓の理由。

雨が小振りになった。上京するには追い風となる。今日のブログのテーマは
タイトルの通り去る6日、咲見町町内会の清掃作業で疑問となったのが、
県道に移設された消火栓に関してである。これまで、歩道脇か
市有地に設置されていたものが、交通量の激しい県道になぜ、移設されたのか。

早速、熱海消防本部と水道温泉課所管職員に事情を聞いてみた。
ー消火栓布設替工事に伴う消火栓整備につきましては、地震に強い
耐震性の水道本管の布設替工事に伴い、消防水利の充実のため、
実施地区の町内会長のご了承を得た上で、
地上式消火栓から地下式消火栓に改良をしたようだ。

また、地上式消火栓は、毎年数件の車両接触事故により破損し、
交通事故防止並びに歩行者の安全確保のため、
地上式消火栓から地下式消火栓への改良を実施したとのこと。

このことから、地下式消火栓は水道本管上の設置となり、
今回の町内清掃の際の側溝清掃等での、交通安全上の不安感を募らせことで、
該当する各町内会への安全対策についてのレクチャーが不可欠となる。また、

消火栓整備については、老朽化した消火栓を
水道温泉課執行の水道本管布設替工事にあわせ、
年間40基を改良したようだ。こ れは、単独で消火栓改良工事を実施した場合、
1件の工事費は、約60万円(備品費含む)かかるが、

水道温泉課執行の水道本管布設替工事にあわせ行うことで、
土工事費用が不要となり、消防本部が消火栓備品(約15万円)のみを提供し、
約45万円程度の経費節減ができたとの報告を受けた。ただ、

交通量の激しい道路上に消火栓が移設された事が今後、
消火活動等にどのような影響を与えるのかを考慮すれば、素直に頷けない話しでもある。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment