• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • ニュージーランドからのお客さま。舞子・秋山・GRAHAMUちゃん親子。

ニュージーランドからのお客さま。舞子・秋山・GRAHAMUちゃん親子。

今朝はW散歩のあと、熱海警察署にて運転免許証の更新をする。
前回の更新から5年が経過していたが、視力測定器や講習個所、
写真撮影場所もそのままだった、唯一変わったのが、
今回からIC免許証となった事だ。暗証番号を入力する事で、
偽造や個人情報の露出にガードをかけるようだ。
心配していた視力検査も全て判読することができ、
ゴールドを維持してきたことで、約25分で手続きが完了する。

免許証の書き換えがスムースに終了したことで、
次の5年間を一区切りとして掲げる、獲らぬタヌキの皮算用の、
具現化に向って弾みがついたような、、感情の高揚を覚える。

さて、昨日ご紹介した舞子ちゃん。友人、吉山美枝子さんのお孫さんで、
国籍はニュージーランド。吉山さんの旧姓は遠藤さん。
元東通メディア役員の故遠藤孝博氏の未亡人だったのだが、縁あって、現在は
吉山直樹氏(西武文理大学看護学部教授)と再婚、
ご夫妻ともお住まいは熱海市内である。で、舞子ちゃんは、

美枝子さんの娘さんとニュージーランド人、
MURRAY GRAHAMU氏ご夫妻の長女で、今月7日に、グラハム氏と共に来熱した。
滞在期間は約2週間の予定で22日には帰国する。ニューランドといえば、
東日本大震災が発生する少し前、多くの日本人留学生が犠牲となった、
クライストチャーチ南をほぼ壊滅させた大地震が記憶に新しい。さて、

その分野では著名なお医者さんと再婚した美枝子さんだが、
スポットを当てる前に、グラハム親子の来日を通して見えてきた事は、
3:11以降、福島原発事故を境に、諸外国が危険視する
日本向け放射能汚染に関する認識度である。当初、

グラハム氏一家が来熱を予定していたのは3月中旬だった。しかし、
ニュージーランド政府は日本への渡航禁止警告の他、
成田経由のビザは発給しなかった。今回も空港内での飛行保険契約の際、
東北地方に行かないよう念押しされたという。さて、

舞子・秋山・グラハムちゃんの祖母、美枝子さんについて話しを戻そう。
彼女との出会いは、もう10年以上も前に遡る。当時、美枝子さんは、
小生の事務所隣地で無農薬野菜を販売していた。農地を借りて、
自然農法に取り組んでおり、収穫した無農薬野菜を販売していた。
隣人の贔屓の客の一人として親しくなり、故遠藤孝博氏とも、
高橋弘会長共々ゴルフ等を通して親交を深めていった。その経緯の一端は、
ブログの中でも度々ご紹介している。また、故遠藤氏と小生、

道産子同士でウマがあった。市内在住の北海道出身者で構成される
親睦会のメンバーとして慕われ、亡くなる直前の親睦会での元気なお姿が、
動画を通じてブログアップしている。病名は肝臓癌。発病から約1年10ヶ月。
入退院を繰り返したが、外見上は健常者そのもので、
最後の最後まで故人や、美枝子さんの過酷な闘病生活のご苦労が、
メンバーに伝わることは無く静かに逝ってしまった。

その美枝子さんが何故、お医者さんと再婚したのか。
小生が微妙に絡む、縁は異なもの味なものストリーについては、後日。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment