大阪北浜の昼食事情

今朝の地元紙(伊豆毎日新聞)に、
佐藤元昭氏の、
市議選出馬表明が掲載された。
若干41歳、
「ホテル貫一」を背負う業界代表として、
齊藤市政誕生に
多大な貢献をした人物に対する、
市民の期待は大きい。
佐藤氏は小生のブログにも何度か、
投稿していただき、
市政に対する不満をぶつけており、
人格や経歴などを総合して、
上位当選するのは確実と見られている。
さて、大阪に話を戻そう。
大阪中央区今橋にある、
「ティーアイシー情報センター」は、
不動産関連の法人で、
宮脇佐太郎氏が社長を務めている。
松本哲治氏(タックワールド)はこの会社の
IT部門チーフマネージャーという肩書きだ。
また、同4階フロアーには、
ティーアイシーの関連会社で、
WEB企画・製作、
モバイルコンテンツ運営サービス、
ASPサービスの、
「株式会社アクセスオン」が存在する。
www.access-on.jp
宮脇氏は、
アクセスオンの代表でもあり、
松本氏も役員として名を連ねている。
また宮脇氏は”モンゴル”、”インドネシア”両国とで、
ボランティアを通じたコネクションを持つ。
小生等が推進する、
”醗酵黒ニンニク”に関しては、
興味を示しており、
モンゴルでも製造可能なのかも含め、
今回の”中国河南省鄭州”視察へ同行した。
 (熱海市のポスターを背景に鄭州「黒ニンニク製造会社チョウ社長と宮脇氏)
s-CIMG3361.jpg
  (飲めないにも係らず、友好のため”白酒”でカンペーを繰り返す宮脇氏)
s-CIMG3486.jpg
宮脇氏で印象に残るのは、
帰国前、鄭州市内のホテル内での
昼食会の際、
IPodを耳に、
”イチゴ白書をもう一度”を歌い、
友好関係を更に強固なものに構築していただいた事だ。
s-CIMG3548.jpg
         
       
          (中牟市の大蒜保冷倉庫)
s-CIMG3455.jpg
鄭州市での様々な情景は、
機会あるごとに報告していくが、
この日は、
帰国後の挨拶に伺ったのである。
         (アクセスオンとスタッフ)
s-CIMG3686.jpg
s-CIMG3690.jpg
3泊4日の視察旅行で得た知遇を振り返り、
”醗酵黒ニンニク”を含めた、
他のビジネスチャンスを反芻しあいながら、
有意義だったという”納得感”を共有して、
二つの会社を後にした。
s-CIMG3697.jpg
s-CIMG3698.jpg
ビルの外は丁度昼時とあって、
ドットホワイトカラーが歩道を埋め尽くし、
s-CIMG3700.jpg
我先にと”露天弁当販売店”を取り巻いていた。
ここでは、
同系統の販売店が軒を連ね、
平均単価「400円」の弁当に、
お茶缶一本と味噌汁が付くという、
大阪ならではの、
原価ギリギリ商売と思えるゲキ安商法が、
”大当たり”だった。
s-CIMG3701.jpg
ここで弁当を買って、
北浜(通称)のビジネスマンを気取りたかったが、
結局は、
韓国食堂「冷麺館」にて、
石焼ビビンバと冷麺のセットメニューで、
帰熱前の満足感に浸り、
午後4時19分のひかりに乗車した。
松本さん、
今回もありがとうございました。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment