Today's Kenzo

Published on 10月 13th, 2014 | by ken@jyohou.com

0

東京五輪音頭(1964年日活映画)の原作者は石森史朗氏。

台風19号の進路に怯えつつ、小雨の中を定番散歩し、
午前中に事務所にてデジカメで撮った写真を整理する。
午後から近くの携帯電話販売会社にて新規スマホ購入の
手続きを済ませて水谷カメラ店にてcoffeeタイムとする。

石森史郎氏(脚本家)かた電話が入った。膝の痛みに
効果のあるサプリメントをさし上げたお礼の電話だった。

今日のブログは石森氏に関連する話しで固めたい。さて、

2020年の東京オリンピック開催が日本経済にとっての
カンフル注射となるのであれば、熱海温泉もその零れに
与らない手はない。黙って手を拱き果報を寝て待つのか、

今から外国人を含む観光客誘致施策をもって積極的に
動き出すのか。そのためにはWi-Fiや多言語翻訳アプリ等
インフラ整備等について、小生の考えは市議会の
9月定例会本会議を通じて当局に提案しているの、また、

オリンピックと云えば50年前の9月9日、日活がまだ
斜陽となる前の華やかしき頃、オリンピックに関する
青春歌謡映画が公開された。WOWOWでも放映済みの

「東京五輪音頭」(小杉勇監督)がそれだ。主演が

テーマ曲(東京五輪音頭)を歌った三波春夫を始め
十朱幸代、和田浩二、山内賢、山本陽子さん等が出演、
団塊世代には懐かしい俳優さんがズラリ出演している。で、

この映画の原作者が石森史朗氏(脚本家)である。先日、

都内でお会いした際にもその話しとなり、50年後の今年、
再び東京オリンピック開催が決定したことに関して、

あと7年で90歳だが、元気で生き抜くと意欲を見せ、
50年前の歴史的なイベントに関連した映画の原作者として
クレジットに名前が刻まれたことを素直に喜んだ。

この映画についての詳細はネット検索して頂くとして、
以前にもブログにてご案内したが、石森氏は作詞家としても
ヒット曲を持っている。1975年、NHKの連続テレビ小説

「水色の時」(大竹しのぶ主演)の脚本を担当した際に
イメージソングを作詞している。桜田淳子が歌った

「白い風よ」(桑原研郎作曲)がそれだ。この他、
レコード化された作品もあることから、今回開催が決まった、

日本ストーリーデザイン大賞in金沢でも、石森氏に
審査員の一人としてお迎えして、ご当地ソングを他の
実行委員の皆さんと審査して頂くことを承諾して頂いた。

また優秀作品(作詞)には、上村一夫原作(劇画)の
松竹映画「同棲時代」(石森史郎脚本)を通して旧知の
作曲家(映画音楽)A氏を推薦したいとお抱負も述べている。

石森氏と平石と



About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑