Today's Kenzo

Published on 6月 6th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

高宝祥氏(ブルネイ表敬訪問同行者)と熱海市庁舎近くで一年ぶりの再会

午後6時過ぎ、たまたま見ていた県内ニュース。番組は、
SBSイブニング・アイ(月曜シリーズ・これってどうなの)。熱海市の
庁舎建設問題に焦点を当て、分庁化建設の甘さを指摘する内容だった。
3・11の東日本大震災によって頓挫した、新消防庁舎建設と過去の津波の範囲、
また現消防庁舎の老朽化とシステムの劣化についても触れ、
ー安全よりコストを優先させ、防災面の甘さーを懸念する内容だった。
SBSの取材に対し斉藤市長は、
従来通り庁舎建設分庁化案は進めて行く方針を改めて強調し、
理想論ではない現実問題として分庁化は不可欠であり、
目の前にある問題解決を急ぎたい。と、胸を張っていた。6月定例会に注目だ。さて、

高橋弘会長(万葉倶楽部)からメールが届いた。昨年、一緒に訪問したブルネイ王国。
つきっきりで案内して頂いたのが、ブルネイ在住35年の
澤田鋐氏(ブルネイ日本友好協会事務局長)だった。小生のブログをきっかけに、
トントン拍子に交流が深まり、昨年は、ブルネイの現職大臣が
オフシャルで箱根「天成園」を訪問する等、人脈は広がっている。その澤田氏、
小生等が帰国した後で体調を崩して加療していたが、復調したことで、
約1ヶ月の予定で日本へ里帰りするとの案内だった。澤田氏をつないだのが、

小生のブログに登場している高宝祥氏。ブルネイから帰国してから約一年超。
方や小田原の住人であり、中々合うチャンスに恵まれず疎遠となっていたが、何と、
偶然とは恐ろしい!、こうも旨い具合に事が進むとは、である。先日、

原チャリで中央町の事務所に向かう途中、
熱海市役所手前を歩いているところを、偶然見つけたのである。
詳しくは、動画をご覧頂くとして。澤田氏が帰国すれば、
在ブルネイ日本大使館に勤務していた、大河内一等書記官にもつながる。
大河内氏は経済産業省から外務省に出向し、7年間在ブルネイ大使館に勤務し、
昨年、経済産業省に戻ってきたとの挨拶文を受け取っている。

高橋会長は澤田氏の里帰りを受け、ブルネイで結ばれた絆を大切に、
箱根「天成園」を視野に、大河内氏も交えた5人が一堂に介せるよう、
日程の調整をしながら、歓迎の意を表するようである。


高宝祥氏(東京華僑総会理事)と澤田氏の関係、ブルネイ訪問について、
過去のブログを通してご紹介したい。

高さんは昨年まで、六本木から熱海市内のマンションに居住していたが、
現在は、小田原市東町のマンションに移住し、
マンション管理組合理事長として活動している。小生のブログにも
何度も登場しているので、時間のある方はそちらをご覧して頂くとして、
その高さんと、今日午後2時に、
小田原万葉倶楽部前の喫茶店で待ち合わせた。用件というのはこうだ。
高さんの高校時代(正則学院高校)、つまり今から
約50年以上も前に遡った、あの人は今的な感動的対面に、
小生のブログが大きく関わっており、偶然か必然か、
縁という名の磁力で引きつけられ、今日をきっかけとして、
今後の人生に少なからず影響を与えかねない、写真を持参して
高さんが現在居住する小田原市内にて再会することになった。この後、

約数ヶ月後、ブルネイを表敬訪問し、今日に至っているのである。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑