熱海市議会6月定例会。村山憲三の質問内容(伊豆山土石流災害復旧と観光地熱海の再生について、市長に伺います。)

さて、

熱海市議会6月定例会に向け、
各派代表議員による、
質疑質問状が出そろったようだ。

何度も言うが、

熱海市は、
今なおコロナ感染者が発生し、
同時に、
伊豆山土石流被害者に対する、
様々な問題点をかけており、
また、
今年9月には、
市長改選も控えており
多難な
市政運営を強いられている。

今定例会では、
各派代表議員による論戦が、
これまでになく、
問題の核心をつくだけでなく、
今後の、
熱海再生への道筋が開けるのか、
これまでになく、
市民の注目を集めている。

さて、そこで小生、

論戦を前に提出済みの
通告書を、
いち早く公開する事で、
小生自身としても、
問題意識を高めていきたい。

先ずは、
斉藤市長に向けた質問である。

・・・・・・

1、伊豆山土石流災害復旧と観光地熱海の再生について、
市長に伺います。

(1)熱海市は現時点で、
伊豆山土石流発生原因と
責任の範疇についてどのような考えでいるのか。

(2)afterコロナ及び伊豆山土石流災害復旧予算など、
莫大な財源が求められている
「観光地熱海」にとってV字回復の鍵は何だと思うか。

(3)熱海市は現況の宿泊施設と
関連業界他の税収を前に、
枯渇しつつある財源からみて、今後、
市政運営を賄えるのか。
また、
賄えるとすればどのような妙案があるのか。

(つづく)

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top