熱海市議会2月採取本会議において、「ロシアによるウクライナ侵略を非難する決議案」が採択。

熱海市議会2月定例会最終本会議では、

ロシアによる
ウクライナ侵略を非難する
決議が審議され、
全会一致で可決された。
その内容は、

国際社会の懸命な外交努力にもかかわらず、
令和4年2月24日、
ロシアはウクライナへの
侵略を開始した。
私たちは、
特に先の戦争に鑑み、ロシアの
行動は、
明らかに
ウクライナの主権及び
領土の一
体性を侵害し、

武力の行使を禁ずる国際法違反であり、
国際社会の秩序の根幹を
揺るがしかねない
極めて深刻な事態である。

また、

核を以って他国を威嚇することは、
唯一の
戦争被爆国の日本の国民として
断じて許すことができない。

熱海市議会は、

ロシアによる侵略を
最も強い言葉で非難するとともに、
ロシアに対し、
即時に攻撃を停止するよう強く求める。

政府においては、

ウクライナに在住する邦人の
安全確保に全力を尽くすとともに、
国際社会とも連携し、
制裁を含め、
事態に迅速かつ厳格な対応を行い、

あらゆる外交資源を駆使して、
ウクライナの
平和を取り戻すことを強く要請する。


以上、決議する。


令和4
年316

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top