熱海市とブルネイ・ダルサラーム国と交流と今後の展開について。(錦鯉の輸出に関する熱海市の役割)

3.生産投資事業

ブルネイの錦鯉専門家を育成するためには、
ブローカーを寄越されても困るので、

池田協会会長の関与が必要である。

日本の生産者が常駐してノウハウを技術移転し、
ブルネイ、
さらにその先にある
市場を目指すことが可能となるはず。

ブルネイはアセアンの中心に位置し、
どの国にも2-3 時間で行ける。

RB A(ロイヤルブルネイ航空)は、

アセアン全域に延びる路線があり、
当航空を活用してほしい。

ドバイ路線やオマーンと
ビジネス・王室交流があり、
ブルネイを中継点に進出は難しくない。

4.投資事業は小さく、
R&Dを兼ねたものでよいのではないか。

日本側とブルネイ側関係者の
JVの出資比率を 50:50 にして会社設置し、
実施したらよいと思う。

5.ブルネイ水産庁は食用養殖ばかりだが、
財務経済省としては、また、
RBA(ロイヤルブルネイ航空) としても
錦鯉 事業に大変関心がある。

追記

今年3月19日付の、
河北新報に掲載された、

木村強氏(元ブルネイ県知事)の回顧録、
「搾取避け信頼の礎築く」を抜粋して、
ブルネイと日本との親和性について紹介する。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top