ブルネイ国は東南アジアの豊かな国です。

ブルネイに関しては、
これまで何度も書いてきたが、
東南アジアの豊かな国で、

主に

石油と天然ガスの利用から
市民に
富をもたらしてきた。

しかし、

この部門への依存は、
この国を
持続不可能な経済のリスクに対する
ジレンマに
陥れているようです。

それは市場競争と国際政治による
価格変動の
大きな課題に直面しているからです。
非常に
資本集約的な産業である
石油・ガス部門には

雇用機会がほとんどない一方で、
公共部門は
地元の労働力の成長ほど
雇用機会の
成長を生み出すことができない。
これらは、
代替的な成長源と
雇用機会を促進する
経済的多角化の必要性につながる。

ブルネイの多様化への取り組みの一つに、
エコタウンとしての
テンブロン地区の開発があります。

政府は最近、
この地域と首都を結ぶ橋を建設、
これにより、
投資だけでなく人々の移動が
容易になりました。

それは経済的多様化のために
利用すべき
いくつかの分野で
チャン スが生まれました。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top