一般社団法人「日本UAS産業振興協議会」のドローン情報。

昨年4月に、
小生が講習を受け免許を取得した、
「ドローン」操縦資格は、

「JUIDA」所属の
沼津東部自動車学校ドローンスクールの
講習を終え試験に合格し、

『操縦技能者証明証』が発行された。

特徴として、

⃝国交省の要件を満たした資格のため、
飛行許可申請がしやすい 。
⃝数少ないドローン資格のため、
就職・転職でアピールしやすい。
⃝知識・実技両方の技能証明ができる。
⃝証明証を見せることで理解が得られやすい。
⃝資格取得のうえで、
講師から技術・知識のノウハウを得られる。

機材も揃えて、いざ、と、
張り切っては見たものの、
コロナ渦による
緊急事態宣言やら何やらで、
練習する間も無く、
今年の4月で一年目を迎えるが、

今のところは、
機材はあるものの、
ペーパードライバーの域を出ていない。
ただ、
コロナ終息後の経済回復には、
多少なりとも
貢献できるものと確信しながら、

毎月発行される

JUIDAからのメールを受け取りつつ、
ドローン情報を収集している。

さて、JUIDAでは、
毎年1月に、
無人航空機産業関係者が一堂に会し、
新しい年の

無人航空機産業の発展と
飛躍を祈念する
「新春パーティ」を開催しているが、

今年は、
新型コロナウイルスの
感染拡大の影響により、

報道関係者向けの
「新春記者会見」形式に変更し、
オンラインで開催した。

JUIDAの鈴木理事長より、
JUIDAの現況、

2022年の活動方針と重点施策、

スローガン【ドローン社会実装元年】を発表し、
我々会員には、

期間限定で公開するとのことである。
詳細は後日。

◇記事掲載(一部)
・LOGI-BIZ online
https://online.logi-biz.com/53773/
・ドローントリビューン
https://dronetribune.jp/articles/20642/

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top