斉藤市長による、熱海市議会11月定例会での上程議案に対する説明⑨ 水道事業会計補正予算他。

昨日は、

議会運営委員会は、
午前10 から、
第3庁舎2階第一会議室において開催され、
第2・第3日目の
本会
の運営につい
付託委員会の日程について、
次回の議運と
討論通告の締切り
や、
その他の項目について協議された。
また、
本定例会に上程が予定されいた

熱海市職員の給与に関する
条例等の一部を改
する条例については、
日程追加等について
協議されることに

さて今日も、

斉藤市長による
11月定例会に上程された
議案に対する説明を掲載する。

・・・・

議案第43号
令和3年度熱海市水道事業会計
補正予算(第1号) につきましては、

令和3年7月
熱海市伊豆山土石流災害により
伊豆山第1配水池及び
その付近の管路が被災したこと等により
応急的に配水し、
節水等をお願いしている

伊豆山、泉地区へ安定した給水を行うため、
日金沢湧水を
有効活用できるよう、
指標菌対策として
紫外線照射を実施する
日金沢浄水場を整備する
経費等の増額補正を行い、

企業債、一般会計からの
出資金及び
国庫支出金で措置するものです。

また、
令和3年7月
熱海市伊豆山土石流災害の対応のため、

債務負担行為といたしまして、
「来宮浄水場整備工事受注者選定に係る
アドバイザリー業務委託」を取りやめ、

「日金沢水源導・送水管布設工事」及び
「日金沢浄水場造成整備工事(その2)」並びに
「泉第5配水池送水施設改修工事」を新たに追加し、

起債の限度額を

6億6,770万円に引き上げ、
他会計からの
補助金及び出資金について、
出資を受ける金額を

2億3,658万4千円に改めようとするものです。

議案第44号
令和3年度熱海市下水道事業会計補正予算
(第1号) につきましては、

令和3年7月熱海市伊豆山土石流災害により
下水道管が被災し、
応急的に仮設管を設置し
対応してまいりましたが、

管渠布設替工事等を実施し、
被災前の状態に戻すための経費を
増額補正し、
企業債等で措置するものです。

また、

起債の限度額を
2億6,910万円に
引き上げようとするものです。

 

 

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top