熱海市議会9月定例会に向けた通告書提出。( 熱海市政調査会)

昨日が

熱海市議会9月定例会に向けた
各派代表者による
質疑質問内容を提出する、
締め切り日であり、

今回は

伊豆山土石流災害を受け、
議会も
時間短縮で行われることから、
何時もなら、
質疑質問書の提出は
締め切り前に済ませていたのだが、

被災者の会の皆さんの
崩落した地所の関係者に対する
告訴状が
熱海署が受理した事もあり、

熱海市議会でも、
各派代表議員の間でも、

前置きや質疑内容について、
慎重さを
欠くことのできない、
質問になると予想されるため、

67D389CC-68B0-4ECF-B183-C71E1747CEF0

小生も今回は、

伊豆山土石流に関する
犠牲者に対する哀悼の意を込め
そこに
配慮することを心がけた。


・・・・ 前置き ・・・

熱海市政調査会の村山憲三でございます。
始めに、
伊豆山土石流の被害に遭われた
関係者の皆様方には
心より哀悼の意を評しまして、

今回の定例会における
質疑を行わせて頂きます。

さて、現在、

盛り土流出は人災とする、
被害者の会の皆様による告訴状が
司法の場で受理されたことを、
真摯に受け止め、

本来であれば、
崩落した土地所有者に責任があり、
同時に、
就任直後に
この場所の許認可を出した、

斉藤市長に対しても
許認可責任が問われるべき

人災事故であると認識していますが、

ただ、
今定例会を前にして、

被害者の会の皆さんが提出した
告訴状が
熱海署に受理されていることから、

私としては、

先ずは崩落した
事故原因を洗い出すことから
始めたいと思います。

さて、

伊豆山土石流災害については、
発生から2ヶ月半が経過し、
26人の死亡と、

行方不明者1名の捜査が続く
前代未聞の
人災事故だと認識しております、
また、

私は今定例会では、
災害発生当時に来熱した、

菅前総理を始めとした当時の
自民党政権メンバーが、

「我々は単に視察に来たのではなく、
皆さんを本気で助けるために来た」と

固い約束をして頂きましたことを
真摯に受け止め、また、

斉藤市長も、

被災者の生活再建が最重要課題と位置づけ、
土石流に襲われた
逢初川流域の復旧復興に
国の支援を賜りたいと要望したことで、

政府からは、
やれることは全てやる。

被災者が元の生活に戻れ、
観光が復興するように、

予算的にも十分に対応し
ハード・ソフト両面で実行させていただくと、
約束して頂きました。

しかし現在、
自民党は総裁選挙を前に、
政局が
風雲急を告げている中にありますが、

私は、
政府の約束事は守られるものと信じた上での
質問であることを
申し添えたいと思います。

(つづく)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top