熱海市伊豆山土石流災害交通止め解除後の国道135号線を往復する。

昨日午後5時30分、
伊豆山土石流災害に対する
第39回目の、
熱海市災害対策本部会議が開かれ、
下記の報告があった。

捜索活動については
午前6時から行ったものの
発見者がなかったことで、

捜索活動の方法や
重点範囲に
見直しがあったこと。
また、
昨日の正午に
立入禁止区域の見直しを行い、
その詳細について、
図面が添付されてきた。

また、図中、
グリーンの建物は
ライフラインが未復旧であり、

今日より、

捜索活動時間が午前8時から
午後5時までに
変更となったことなどの報告が
メールにて届いた

昨日は災害により、
交通止めが続いた国道135号を
湯河原町まで往復したが、

国道沿いの民家には、
災害の爪痕が色濃く残っており、

熱海市としても、
今後、
復旧復興に向けた課題や
難問山積に
苦しい対応を強いられそうである。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top