熱海温泉ホテル旅館協同組合新組合長に森田金清氏(月の栖熱海聚楽ホテル)就任。

一昨日、体調不良のため、
熱海温泉ホテル旅館協同組合長を辞任した
島田善一理事長(立花旅館)の後任に、

副理事長の
森田金清氏(熱海聚楽ホテル)が選出されました。

熱海温泉ホテル旅館協同組合は
65施設が加盟する団体で、

5月19日、

熱海後楽園ホテルで
2010年度通常理事会を開き、
先の理由で辞任を申し出た

島田氏に代わって
新理事長に選出された森田氏は

ー観光業を取り巻く環境は、
今年いっぱいは苦しい状況が続く。
アフターコロナを見据え、
ワンチームとなり、
一日も早い
宿泊業の回復に取り組んでいくとの
決意を述べました。

島田氏は理事に退き副理事長はは
新たに
石渡勇史氏(おお川旅館)
志塚実紀氏(三平荘)、
小野澤紀雄氏(熱海後楽園ホテル)の3人が就き、
任期は2年。

また特筆は、

高橋弘万葉倶楽部会長が、
新たに、
理事として就任したことで、
afterコロナに向かって、

熱海温泉ホテル旅館協同組合や
森田新理事長にとっても、
力強い
知恵袋となりそうです。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top