熱海市とブルネイとのホストタウン決議採択!(ブルネイ青年文化・スポーツ省主催関連団体との協議で)

ブルネイからの、
東京オリパラ大会種目の中で、
パラリンピック、
バトミントン競技について、
出場選手枠は来月に、
フィリピン・マニラで開催される

Sea Game で決まることが、

マムードパラリンピック連盟会⻑より、
説明され、

齊藤市⻑からは、
パラバドについては、

ブルネイからも選手が
大会に出場できることを願っている。
また、
原 則として、

地方自治体が
オリンピック連盟に働きかけて
選手を出場させるような
方法はないため、願う他ない。

また、

東京パラリ ンピック大会でなくとも、

熱海市で
交流事業を実施する方法もあるため、

今後状況を見ながら、
相談に応じていきたい旨
回答し、齊藤市⻑より、

熱海市ホストタウンの決議に関して、

議事採択の説明が行われ、
出 席した関係者より承認されました。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top