• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海の恩人「成島柳北」とその碑をもとに、新規観光スポット創生の思案をめぐらす。

熱海の恩人「成島柳北」とその碑をもとに、新規観光スポット創生の思案をめぐらす。

台風11号の進路が気になる熱海温泉だが、
その影響を欠片も見せないほど、朝から
灼熱の太陽が降り注ぐ絶好の祭り日和となった。

今日と明日の2日間は恒例の来宮神社例大祭、
(こがし祭り)一色に染め上がるなか、今朝は、
自宅ビル駐車場に”宮神輿k”が入るため、
早々に愛犬ふ〜を車に乗せ駐車所を空にして、

市内の混雑を予測して湯河原の千歳公園へと
定番散歩を変更した。小生、今年の祭りは、
町内をウロウロするだけにして、祭典会場への

山車の行進はパスして、ラーメンハウスにて、
首都圏からの知人を接待する予定である。さて、

成島柳北と飯田豊治を軸に、誰も知らなかった
熱海と台湾を結ぶノンフィクションを基に、

心踊る夢のようなイベントプランの実現に向けて、

その原点となる、熱海の恩人と称される成島柳北を
議会事務局から届いたメールと日刊アタみに掲載された
小林米男氏のコラムを抜粋してご紹介していく。

::::::::::

成島柳北(1837.2.16~1884.11.30)

朝野新聞主宰 ・・・当時の「読売」、
「東京日日」などと並び、3本の指に入る
発行部数を誇る新聞。

明治11年9月

箱根から十国峠を越えて熱海に入湯に訪れ、
時の紀行文として、朝野新聞社発行の

「花月新誌」に「澡泉紀遊」を連載。

これにより、熱海の美しい風光が改めて
広く世間に知られるようになった。

明治14年

熱海文藝に掲載の熱海紀行文
「鴉のゆあみ」では、その当時
熱海に滞在した湯治客、多くの知名人が記されている。

柳北は、明治11年頃より毎年

熱海に遊びに来ており、その時の常宿は
元の富士屋ホテル(当時は樋口旅館)であった。

これらの功績により、富士屋ホテルの庭園内に
碑が建立されたが、その場所では

市民に知られることがないことから、昭和52年、
市が寄贈を受け海浜公園内に移設した。

(つづく)

s0216r

 

 

 

 

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment