• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 石森史郎氏(脚本家)の日本映画批評家大賞エメラルド賞を祝す。

石森史郎氏(脚本家)の日本映画批評家大賞エメラルド賞を祝す。

昨日アップした動画に、ふじやさんと云う方からコメントが届いた。多分、
日本航空学園から、小生のブログにアクセス頂いたようなのだが、
熱海温泉の宿泊施設にも縁のあるコメントなのでご紹介したい。

ー通りかかりですが、ビデオの最後に
うちの娘がアップになっててびっくりしました。娘が小学校時代に
熱海のニューアカオさんで夏休み遊んだのはいい思い出ですー

長いことブログを掲載しているが、結構、”あの人は今”的役割もあるようだ。
前記のふじやさんだけでなく、遠くはブルネイやフランス、アメリカと
外国在住の方々からも、ブログに登場した方々の消息についての問い合わせがある。
これまで、ブルネイ在住の澤田綋氏、フランスの在住の鳥居誠氏や、
アメリカ在住のTさん等、映画のような、ありそうで、ない、なさそうで、ある、
人生ドラマの一端を覗かせて頂いている。ドラマと云えば、一昨日、

日本映画批評家大賞でエメッルド賞を受賞した、
石森史郎氏(脚本家)からは、共同経営者として東京築地で、
石森青春脚本塾を開講してきた関係もあり、その時以来、
人間を描き切れれば、脚本は誰にでも書ける。と、ご指導頂いているが、
小生に脚本家としての才能のないのは明白で、これまで、
多忙を理由に逃げてきた。ただ、これまでの経験を通して、序破急、
4〜5本の大筋シノプシスは書きためており、刺激を受けた訳ではないが、
熱海に映画関連のイベントを誘致するのであれば、小生自身、
もう一度一から、シナリオの勉強をするのも一考である。
映画はシナリオで決まる熱海映画祭、夢だな〜。実はこれまで、

石森氏を始め多くの映画製作関係者との間で、
熱海映画祭の可能性について話してきたが、スポンサーの関係や、
映画賞や映画祭乱立ぎみの傾向もあり、話しは棚上げしたままだった。しかし、
これまでの人脈を活用しない手はない。今後は、
ネットも活用した、”熱海映画シナリオ大賞”的な、
懸賞イベントを立ち上げてみたいのだが、この世相のせいにして、
尻切れとんぼで終わらないよう、関係者に働きかけて行ければ幸いである。

と、いいつつ、これから被災地視察に出かけなければならないので、
早めのブログアップとなるが、その行程を記しておきたい。

高橋弘会長(万葉倶楽部)から届いたスケジュールには、
ー熱海を 30 日 前夜発 できれば 4-5時に出たい、深夜、12時に 盛岡まで行きたい、朝
盛岡から宮古市、山田町、お槌町、釜石市、大舟渡市、陸前高田市、
一ノ関インター、古川インター、経由、鳴子温泉の 会が6時30分ですから、
間に合うように行きたい、約 360キロメートル、まあ10時間位か、
1日は気仙沼、南三陸、石巻市、東松島、塩竈、仙台、から帰ります、
少しハードですが 運転手は四人共に出来ますから、大丈夫です ー

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment