• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • パワースポット「熱海・来宮神社」の鳥居倒壊も、奇跡の怪我人なし!

パワースポット「熱海・来宮神社」の鳥居倒壊も、奇跡の怪我人なし!

GW後半戦の3連休、熱海温泉にもつかの間の活気が舞い戻ったようだ。
自粛ムードから一斉に解放されたかのように、朝から、
自宅前の県道には車が渋滞し、歩道には、
熱海駅方面からの家族連れが列をなしており、自然と笑みが浮かぶ。
今日の熱海市内は各所で、その来誘客の受け皿が整っていた。
熱海港親水公園では「ふれあい産業祭り」が、
長浜海浜公園では「復興支援GWながはま特設市」、
網代港埋め立て地では「網代かっちゃくれ浜市」等々、
地域物産を活かしたイベントが一斉に、復興の花火をあげる。小生は
そのうち、網代のイベントに顔を出したが、今日のニュースは、何と云っても、
熱海のパワースポット「来宮神社」の奇跡を取り上げたい。今朝、






愛犬ふ〜との散歩を前に、来宮神社に立ち寄ったのは、
午前8時20分頃、神社関係者から、
ー楠の巨木が倒壊して、鳥居がまっぷたつー。と、通報があったからだ。当初、

状況がつかめず、驚きを禁じ得なかったが、関係者から幸いにも、
怪我人が出ていない事を確認した上で現場に向かった。現場での、
状況やその他は、静止画と動画を参考にして頂くとして、

よくぞ、参拝者に怪我人が出なかったものと、現場の状況見て感じる。
原因は、数日に続いた強風の影響で、予てより
根腐れしていた楠(樹齢100数十年)が、何かの拍子に倒壊し、
鳥居を直撃した、というのが、ここに至った経過のようだった。

何かの拍子に、倒壊したのが昨夜の午後8時。このGW、
パワースポット来宮神社には大勢の参拝客で波打っていたのである。よくぞ、
人通りの途絶えた時間まで、巨楠が我慢をしてくれたものである。これぞ、

樹齢2000年の大楠が鎮座するパワースポット来宮神社の奇跡である。

思えば小生も、来宮神社パワーの恩恵を感じている一人でもある。
ここで愚妻と結婚式を挙げ、現ビル取得時には宮司さんいお祓いしてもらい、
火事に遭遇しても怪我人一人出ず、ビルの外壁に張ってあったタイルが、
ある日突然崩壊しても、誰一人被害に遭わず、
これまで7度挑戦して、3連敗4連勝となった熱海市議会選挙も、
4連勝全てに来宮神社の御利益を頂戴している。う〜ん。である。確か、
雨宮宮司さんには、連敗中にこんな言葉を賜っていたのを思いだす。
艱難汝を玉にすー、その諺通りになれるかどうか、
東日本大震災後の復興熱海温泉を前に、市議会議員として、
市民の為に何ができるのか。待ったなしの6月議会はもう直ぐである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment