iPadで結ばれる、日中交流とニュービジネスへの予感

今日は午前11時より、熱海市桜木町の興禅寺本堂において、義父(故坂田市太郎)の
3回忌の法要が営まれ参加する。午後4時を過ぎてから、
天気予報が的中して雨が降り出したが、愛犬ふ〜との山の手散歩や法事、
午後の散歩などは、ゲンチャリで飛び回った。今日は法事がなければ、

高橋弘会長のジャンボーグループの月一ゴルフコンペに参加していたのだが、
オヤジ(義父)の法要というだけでなく、小生には、
久しぶりで親族と介せることもあり、2次会の主役となった、
3人の孫たちとじゃれ合いつつ、団欒のひと時を過ごすことができた。2次会場は
坂田家のリクエストもあり、和食どころ「天匠」(和田町店)にお願いする。
森下オーナーには、刺身だけでなく名物の金目の煮付けに、松茸などの、
旬の素材をふんだんに使った料理で迎えて貰い、
家族の絆がより強まったことに感謝申し上げたい。また、昨夜中国・大連市から来熱した、

川上達也氏(インターテック)から電話とメールが届いた。
ーお世話になりました。先ほど東京駅にて解散しました。
いろいろ、お気遣い頂きましてありがとうございました。お話し内容を検討して、
是非ともビジネスチャンスに繋ぐために模索を始めます。
また近い内に、大連でお会いできますようお待ちいたします。
関係者皆様にもよろしくお伝え下さい。今後ともよろしくお願いします。
インターテック大連センター 川上龍也ー、という内容で、今のところ
来月10日を過ぎてから訪中できる日程調整をしているが、

大連市人民政府の要人との接点を作って頂けるということでもあり、
熱海市役所観光課が管轄する観光ガイド一式を携えて、
旅行客誘致のPR活動は欠かせない。また、丁度同じ時期、熱海市でも、









中国との姉妹提携都市「珠海市」親善訪問が組まれている。このイベントは、
日本中の観光業界が冷え込んでいる中、
インバウンドを目的として組まれたのだろうが、時期が悪すぎる。
たまたま、領土問題が浮上し、中国国内の政治的な思惑が見え隠れしてはいるものの、
日中関係にビミョ〜な影を落としている最中、
それもデモが激化している内陸部の都市に、補正予算を計上し、

血税を注いだにもかかわらず、気兼ねし〜し〜の訪中では、さしたる費用対効果は望めまい。
その点、小生の大連市訪問は当然のことながら自費で、しかも
私的なルートでも、即効性のある旅行客誘致と
ビジネスチャンスが掴めることが証明したいものだが、どなたか役所の中に、
有給休暇を有効に活用して、小生と同行できる職員さんがいれば、
一緒にお連れしたい、という、気分である。

話は横道に逸れたが、明日は、9月定例会の常任委員会「建設公営委員会」と
午後3時から、全員協議会が招集されている。また、先日、

元JTB系列会社熱海支店を退社して、旅行関連のネットビジネスを立ち上げた、
北山祐一氏(DNA Style株式会社取締役)が来熱し、小生のラーメンハウス(Ya~Ya~屋)にて、
近況を聞くことができた。さすがに、旅行代理店系列会社にいただけあって、サイト名も、


◎ご当地発の情報番組、おかえりチャンネル(http://www.okaeri.ch.jp/)、と、
◎ご当地名産品の通販ECサイト、おかえりショップ(http://www.okaeri-shop.jp/)
◎旅館業務用商材・食材の通販ECサイト、旅館道(ryokando.com/)とは、ネーミングがいい。
関心のある方は、上記サイトにお立ち寄り下さい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment