本会議始まり、パーティーをハシゴする

東京プリンスホテル・パークタワー、
B!で開催された、
”高宝祥”氏の、
62回目の誕生パーティーには、
「醗酵黒ニンニク」(ブラックガーリック)工場を、
中国河南省と共同で建設中の、
「細木賢司」氏と、
新幹線品川駅「江南口」で待ち合わせ、
氏のワゴン車で案内していただく。
細木氏とは、
中国河南省の工場視察への、
”細かい”打ち合わせをするのだが、
小生のスケジュールに合わせられるのか、
日程的調整が困難なのは、
行ったからには、
あれもこれも見学したい願望もあり、
松本哲治氏(タックワールド)の、
予定ともすり合わさなければならず、
O電気が販売をかける、
黒ニンニクの通販の状況を見据えながら、
いま少し時間がかかりそうである。
細木氏の飛び入り参加もすんなり運び、
今日の主役、
「高」さんと記念撮影し、
細木氏を紹介し、
15番テーブルに着席すると、
貞方邦介氏(アルカサバ社長や、
顔見知りも何人かお祝いに駆けつけ、
生バンドやマジックなど、
素晴らしいステージを楽しんだようだ。
s-CIMG219300.jpg
高さんといえば、
赤や黄色など原色カラーを着こなす、
ファッションセンスに、
貴金属で大胆にコーディネートして、
熱海市内を闊歩しているので、
あ~っ、あの方かと、
思い当たる熱海市民は多いと思うが、
六本木では有名人の一人である。
s-CIMG220334.jpg
貞方氏の話では、
現在のところは定かではないが、と
前置きし、
元々中華料理屋さんだったが、
所有していた土地が、
”ヒルズ開発”とぶつかり、
超リッチの仲間入りしたといい、
六本木の商店街振興に、
大いに貢献してきた人物だとも賞賛する。
s-CIMG22043.jpg
熱海からは、
おおかわ旅館の社長や、
高さんが現在住居を移している、
マンションの住民や管理人さんが、
顔を見せていた。
我々熱海から駆けつけた
メンバーに対して、
高さんは、
舞台最前線に席を配置するなど、
見事な”気の配り”を見せた。
s-CIMG221121.jpg
s-CIMG22142.jpg
小生は、
一時間ほどで席を立つことになったが、
”高”さんは、
ショーの合間に、
何度も舞台に登場、
司会者とのトークの中に、
何度も”熱海”という名前と、
ー素晴らしい環境だーと
賞賛する言葉をちりばめた。
意図的かどうかは推測の域を出ないが、
会場に駆けつけた、
200名近くの参加者に対して、
この上ない”
熱海市への販促”営業攻勢で、
この心遣いだけでも、
参加しした意義はあった。
このあと、
細木氏に「東京駅」八重洲口まで、
ワンボックスカーで送って頂きながら、
”醗酵黒ニンニク”に関する、
打ち合わせを続け、
今日(4日)、
再び”ホテルオオクラ”別館にて、
小生の用事が済んでから、
再会することで、
関係書類を預かった。
こだまに乗車、
午後5時30分、
時間厳守の、
熱海後楽園で開催されている、
ダンスパーティー会場へと間に合わせる。
昨日の2件のパーティに引き続き、
今日も東京新宿厚生年金会館で、
知人が主催する、
忘年パーティーにご招待されている。
こうしたパーティーを通じて、
親交を深めた方々から、
多くの知識と交友関係を広げていったことは、
言うまでもなく、
今日はどのような”新しい顔”を、
”選択できるのか”、
多忙なれども、
楽しいシーズンの到来でもある。
唯一つ残念なのは、
未だ”断酒”続行中で、
飲み仲間に対して芯から”同化”できてないことだ。
でもそれも慣れると、
新しいパーティーの楽しみ方も、
見出せるものである。
さて、
熱海を出発する時間が来たようだ。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment