「安楽死について」

小生の”女房”と愚息、
どちらも「8月」生まれ。
で、
夕べは、
清水町の「天匠」にて、
孫の「歌奏」”嫁”の家族4人で、
誕生祝と洒落込んだ。
相変わらず人気店で、
約10分近くも待たされた。
贔屓の店が混んでるのは、
自慢でもあり、
嬉しいものである。
座敷が空き、
”金目の煮付け”、
s-CIMG0794.jpg
”漁師丼”、
”お勧め定食”を注文、
家族の満足そうな顔を見て、
=あっ、俺って還暦をむかえる、
お爺さんなんだーと、
何となく”嬉しくもあり”ちょっぴり、
s-CIMG0800.jpg
年を感じながらも、
孫の”歌奏”の成長を、
小生、
細い目を”さらに”細めた”のが、
デジカメに、正直に出ていた次第でした。
愚息が”病院”関係の仕事をしており、
”介護”と”看護”系の、
関連学校に携わっており、
小生、
将来の希望として、
「DR喜多」の健康手帳を引用して、
安楽死について、
理解を求めた。
・・・・・・・・・・・・
「DR喜多」の健康手帳より、
安楽死について、
最近また、
安楽死の問題が、
マスコミをにぎわせている。
この問題は、
今に始まった事ではなく、
十数年前からいろいろと、
議論されている。
1995年の判例では、
①耐え難い肉体的苦痛がある
②死が避けられず、死期が迫っている
③苦痛を緩和する代替治療がない
④患者本人の安楽死を望む
 明確な意思表示がある。
これら四つの条件を満たせば、
安楽死行為は許されるとされている。
近年、
強いて延命処置を希望しない、
患者や家族は増えてきており、
出来るだけ人(ひと)本来の、
自然な形での、
「尊厳死」が望まれている。
しかし、
患者の意思決定が、
困難な状況において、
家族等が、
強く安楽死を求めた場合、
どのような方法で、
どの時期に、
安楽死行為を行うかは、
非常に難しい。
////////////////////

2 Comments

  • ありさ
    安楽死、4つの条件を満たせば行うことが可能なんですね。 耐え難い苦痛・・・考えるだけでも恐ろしい・・・。 延命処置をせずに自然のままの尊厳死、多いですね。 話は変わりますが、黒にんにくのサンプルをありがとうございます。 プルーンみたいな味なのが意外でした。そのままで気軽に食べられるのが嬉しいですね。 何でも黒にんにくは、黒い食材に共通してあるポリフェノールの一種の「アントシアニン」が豊富なんですよね。ポリフェノールは抗酸化作用が豊富で、活性酸素をやっつけるため、がん予防や細胞を若々しく保つ作用が嬉しいですね。 それも普通のにんにくの何倍もの抗酸化作用があるんですよね。私が最も欲しいと思ってる食材です。サンプルをとても気に入ったので、是非、購入したいと思います。購入にあたってはどのようにしたら良いかを、お時間があった時にお手数ですみませんが、連絡をお願いします。 (o*。_。)oペコッ
  • ありさ
    ありがとうございます。 電話番号はメモをしました。 サイトに載せて嫌がらせ電話が来たら迷惑をかけるので、削除をしてください。 (o*。_。)oペコッ

Leave a comment