国営海の中道”

JR博多駅から、鹿児島本線で香椎駅へ。
そこから、ローカル線(香椎線)で、
JR海の中道駅で下車、
昼食を予約している、
「ホテル海の中道」へ向かう。
まだ半分の開いていない桜並木を通り、
s-2006330002.jpg
s-CIMG26733.jpg s-32006303000.jpg
ホテル一階の
洋食・和食レストランに入る。
ウイークディだったが、
順番待ちのお客が溢れていた。
窓の外に広がる博多湾の
ロケーションが素晴らしい。
メニューはバイキングだったが、
係員のマナーも申し分なく、
品数の多さとボリュームもさることながら、
どれも味付け良く、
待つだけの価値はあるようだ。
「国営海の中道海浜公園」に関しては、
www.uminaka.go.jp/
上記ホームページをご覧になって頂くとして、
午後1時、、
海の中道の施設を案内して頂く、
担当係官がホテル玄関前に、マイクロを伴い、
迎えに来て頂く。
国土交通省 九州地方警備局
「国営海の中道海浜公園」事務所
松本康裕調査設計課長が我々と名刺交換し、
早速、
「マリンワールド水族館」へ。
www.uminaka.go.jp/facilities/cont14.html
高田浩二館長に館内をくまなく、
丁寧に案内して頂いた。
s-200630314.jpg s-3200630315.jpg
s-200630313.jpg s-CIMG2703.jpg
イルカ等をオーストラリアや諸外国から、
移設するための、
世界に一つしかない、
コンテナ水槽を開発したエピソードや、
イルカショーの苦労話など、
s-200630310.jpg
s-CIMG2722.jpg s-200630312.jpg
他では聞けない”水族館”の運営管理の
裏話を懇切丁寧に説明して頂いた。
このあと、
松本氏は我々を、
海浜公園へと案内して頂いたのである。
 (つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment