Today's Kenzo

Published on 4月 22nd, 2016 | by ken@jyohou.com

0

熱海と”ゴジラ”。海外観光客誘致への可能性を探る。

今年の2月生前、熱海在住だった、
熱海歌謡グランプリ主宰者の

故中野視郎氏の消息について

小生のブログで捜し当てた
佐々木恒夫氏からメールが届いた。

佐々木氏は東宝映画「ゴジラ」
(1954年公開)の生みの親、

本多猪四郎監督のご遺族が代表の
本多猪四郎研究所のメンバー。

来熱した際に、本多監督3作目の
キングコング対ゴジラ(1962年公開)で

熱海城を舞台に両怪獣激突シーンを
撮っていることから、

故人が引き合わせたことを縁に、

図々しくも東宝と本多フィルムの
版権関係をリサーチした上で、

”ゴジラ”を絡めた熱海興しの
新発想具現化の可能性について
問いかけていた。つまり、

ゴジラ映画が日本だけでなく、
ハリウッド作品としても全世界で、
数多く封切られていることから、

熱海城を中心としたアイディアや
お土産品開発などを含めて、

外国人観光客誘致を視野に

熱海温泉の新魅力を創造すべく、
佐々木氏に提言していた。

そうこうしているうちに先日、
佐々木氏より今年3月に開催された、

調布市映画祭のパンフレットが

調布映画祭2
次なる期待を後押しするように、
メールに添付されて届いたのである。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑