熱海市下多賀、国道135号線で交通事故発生。高齢者女性の死亡確認で事故原因究明中。

昨夜午後6時30分頃、
小生の、
中央町にある事務所に、
市内山手にある介護施設に勤務する、

南熱海在住の、
旧知の女性が来所した。
聞けば、

南熱海の国道(135号線)で、
交通事故があり、
現場付近は
上下線とも不通状態ということで、

事故現場の近くに住む女性は、
午後7時丁度に、

広報あたみによる、

交通止め解除の案内が放送されるまで、
事務所で待機していた。

で、

この交通事故の状況を、
Yahoo!ニュースで検索すると、

熱海市下多賀の国道135号線で、
高齢者女性(87)が
熱海から伊東方面い走っていた、
軽トラに撥ねられ意識不明の重体となり、

ドクターヘリで病院に搬送されたが、
今朝のニュースでは、
死亡したと報道された。

女性は横断歩道のない場所を
1人で渡っていたようで、
警察が
事故の原因を詳しく調べているという。

(写真は国道135号線です)

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top