すずきじゅんいち監督、「熱海とブルネイを結ぶ映画化」に着手。

で、

すずき監督に同行した、
小杉プロデューサーとは、
熱海駅ラスカ2階の喫茶店で別れ、
その後、
お二人は市内を散策した翌日、
小生のメルアドに、
下記のような返事が返ってきた。

・・・・

昨日は、ご多忙の中、お時間を作って頂き、
色々とお話し出来て幸いでした。

面会の後、
小杉さんと熱海の町を散策し、
その後は
ラスカの3階のお店で
熱海のお魚などを肴にビールなどを飲みつつ、
映画化について話し合いました。
誰が見ても楽しい
(あえて言えば「寅さん」タイプのコメディ)
映画を作るという方向で一致し、
2作品の
プロット(あらすじ)を作ることに決定しました。

一つは、

元々の原点の木村強さんを
偶然
ブルネイで探ることになった
女性作家と編集者の珍道中、

もう一つは、
錦鯉のブルネイへの販売を巡る
様々な人たちの騙し、騙され、などを描いた作品
ともに、
熱海が関係する様に考慮しています。
これらの2作品を完成させるのは、
第一稿を
小杉さんが2週間を目処に作り、
その後、
小生も最終チェックを入れて、
何とか今月下旬を目処とし、
最終的に
メールでお送り出来ればと思っております。すずきじゅんいちとの返信が返っています。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top