熱海市議会補欠選に期待の新人、杉山恭平氏(元熱海JC会長)が出馬表明。

熱海市議会補欠選挙に
自民党参議院議員・橋本聖子氏の
公設秘書を務めた、
杉山恭平氏(41歳)が立候補した。

今月25日、
熱海市議会議長応接室において、

9月4日告示、11日投票の
熱海市長選に合わせて、

元熱海青年会議所理事長で
IT機器販売会社「クレヨンハウス」社長の

杉山恭平氏(41)が記者会見を開き、

熱海市議会補欠選に、
自民党公認で
立候補することを正式に表明。

補選出馬について、

6月議会本会議に逝去した、
山田治雄氏の逝去に伴うものと、
出馬の理由を説明した。

杉山氏は卒業後に
橋本氏の私設•公設秘書として、
国会と永田町で10年務め、
国会議員の秘書業務で培ったスキルを
市政に生かし、

さまざまな予算の獲得に努めたいたいと、

伊豆山土石流災害の復旧・復興や
ITデジタル化の促進、
少子化対策、教育、福祉の向上を
市民協働で目指すとした。

熱海市議会に期待の新星が正式に姿を現しました。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top