「錦鯉」(認定証明付き)を熱海市のふるさと納税返礼品として活用できないか。 熱海市議会6月定例会で質問(村山憲三)

熱海市議会6月定例会
本会議3日目。
村山憲三の質問から、

熱海市の「ふるさと納税寄付額」
増加を図るために

「錦鯉」を

ブルネイ国を主とした
東アジアのイスラム教国を対象に、
世界に一匹だけと証明できる

認定証明付きのICチップを挿入した
”熱海産錦鯉”として育成して、

熱海市独自の
”ふるさと納税返礼品”とすることを
提案しますが

当局の考えを伺います。

< 小林経営企画部次長答弁 >

ふるさと納税の返礼品については、
総務省より
「ふるさと納税に係る指定制度の運用について」の中で、

返礼割合基準、
地場産品基準等が示されており、
その全てにおいて
厳守することを求められているところでございます。

ご提案の錦鯉に関し、
これらの基準を満たすものであれば、
ふるさと納税返礼品として、
活用できるものと考えます。

 

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top