台湾の林俊宏氏( フランク・リン)からの「溶融原子炉🇹🇼(溶融塩原子炉用燃料モジュール)」情報

小生の友人で、

台湾科技大学OBで、
実業家としても著名な

「林俊宏」(フランク・リン)さんから、

LINEを通して情報が届いているので、
ブログに記録しておきたい。

ー今週の日曜日の夕方、
京都の友人である小野さんに、
将来のエネルギー問題について
お話を伺いました。

小野さんはは77歳です。
「情報ファイルを見てください」と言われました。

この特許技術ニュースは、
5、6年前に
特許出願のコンセプトの技術情報を
聞いたことがありますが、

今日は小野さんと
発明者の古川さんは
とても
親しい友人であり、
協力を求めていきます。

日本と台湾。教えてくれる情報。

🇯🇵溶融原子炉🇹🇼(溶融塩原子炉用燃料モジュール)

実際、私はそのような
技術原理の
基本的な理解を持っていますが、

ここには私の専門ではない
熱力学的側面があります。

より多くの専門家が様々な面で
技術的なアドバイスを
提供してくれることを願っています。

誰もが将来のエネルギー開発戦略に
貢献できるでしょう。

それが電力供給システムに追加されれば、
社会的および
政治的な真の利益の観点から
実現可能になるでしょう。

あまりにも多くの人々をブロックします。

役人とビジネスマンの既得権益は共謀し続けます。
しかし、私の意見では、
このシステムは
それほど大きな設備ではありません。
コンテナ船などの大型船で
このエネルギーを使用できれば、

コスト分析と安全対策を克服できれば、
新造船の
ワンハイラインズ(ワンハイラインズ) 、
新しい安全な
高速核燃料を動力源とする
運用モデルを開発できるようにします。

25,000 kW(約33,512 Hp)の
溶融塩原子炉燃料モジュールを
動力源として使用すると、

燃料費の3 / 4〜4/5を節約できます。

また、コストの安定性は

石油価格の変動の影響を受けにくい。

燃料費と船速は、
輸送費のニッチにおける重要な要素です。

燃料費が80%削減され、
速度が23海里/時から
30海里/時に増加した場合。

これは30%の増加に相当し、
理論上の
30海里/時の場合、極東の台北港から
米国西海岸の港である
ロサンゼルスまでの

現在の10,924キロメートル(5,898.5海里)に相当します。

高速移動を利用する場合、
地球の
自転時間が長いため、

時速196.6時間(約8。2日)しかかかりません。
短いですが、
往復が16。4日しかない場合、
船の有効性を高める要因となります。

環境は国際貿易の迅速性を促進し、
国際経済全体の輸送に革命をもたらすでしょう。

注 :1 HP = 1.015PS1 HP = 0.7

ふ〜む。

 

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top