林俊宏(フランク・リン)さん(国立台北科技大學客員教授)とのLINE通信。

小生のブログを通して、
過去、
何度も紹介してきたのが、

国立台北科技大學0Bで
台湾在住の実業家でもある、
林俊宏氏( フランク・リン)である。

林氏は東京新宿にも、
事務所を構えているのだが、
(掲載ブログ参照)

ここ数年間は、
世界中のコロナ渦にあって、
台湾国内から
海外への渡航は叶わず、
台北市内中心の活動を
余儀なくされているのだが、

日本語堪能な林さんとは、
お互い、
LINEを通じた情報交換を
週一程度行っている。

また、

台湾はハラル食品の
研究販売を先駆けている
関係もあることから、
その
ハラル加工食品に関する情報交換に関しても、
lineを通じて、
お知恵を拝借している。

さて今朝は、

その「林俊宏氏」から届いている、
様々な情報から、
出身大学が発信しているものを
ブログに記しておきたい。
ただ、
林さんの翻訳を基本として、
lineに届いている関係上、
文脈の乱れに関してはご了承願います。

・・・・・

将来、

台湾のいくつかの新興企業の産業は
10年から20年の間しゃがんでいます。
私たちは

日本での勉強から戻り、
1970年代初頭には、
トップ10の
基礎エンジニアリング建設産業でした。

1980年代に中国に戻ったのは
才能でしたエレクトロニクス産業
1990年代、
私たちは才能のグループでした。

管理の才能は、
21世紀初頭の2000年代の
生物医学科学と技術の才能、
そして
2010年代のAIクラウドの才能でした。
今日、
流行の広がりは2020年で、
世界の経済基盤に
大きな変化をもたらしました。

台湾の疫病予防策は当初、

生化学的攻撃を動員するシステムでした。

政府は説明しませんでしたが、
カウンターの間に
軍隊に勤めた人々のほとんどは
初期の本土への攻撃は
生化学的危機が
何であるかを知っていたので
ほとんどの人は
黙ってそれに耐えるでしょう。

過去1年間に
世界的大流行が広まった今日、
私たち自身の半世紀の
台湾で蓄積された技術的経験と富は、
すべての人々が参加する
新しい革新的な未来です。
最近、

母校で生物医学と電子技術の教授と
おしゃべりをしましたが、
これら2つの
将来の産業の発展を統合し、
促進する方法は
実現可能な方法です。

国立台北科技大学の卒業生は、
あらゆる分野で
卓越した業績を上げており、
業界をリードする
地位を占めています。

それぞれが
1億台湾ドルを投資する
100人の卒業生を選ぶと、

100億台湾ドルの
新規ベンチャーキャピタルがあります。
1,000人の卒業生が
1,000億台湾ドルの場合、

この資金を
台湾の隣国の数十倍の日本の
新しいベンチャーキャピタルに投資すると。
この組み合わせは、
数兆ニュー台湾ドルの規模に
拡大することができます。

同時に、

両当事者間の協力は、
日本の科学技術の才能を結び付けて、
新産業の
急速な成熟を共同で開発および加速して、
目標と迅速な成功。

貿易会社は、

台湾の業界をより高いレベルに
売り込むための
グローバルプラットフォームを構築しました。

それまでに、
ウォールストリート市場への参入が
容易になります。
誰もが一緒に
ワールドカードをプレイします。

私たちは母校が、
新卒者や姉妹が学ばない
低賃金の仕事ではなく、
世界クラスの技術エリートの
チームを育成することを
楽しみにしています。

みんなで集まってみよう!  「BeikePeople」

この新しいベンチャーの目標は
卒業生のための資金を調達することですが、
運営と実行は、
卒業生と非専門家のマネージャーの
感情的な要因を除いて、

純粋な専門のマネージャーによって
推進されなければなりません。
会社のビジネスモデルを
作成することによってのみ、
本当に成功します。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top