熱海市議会「議会運営委員会」開催され、11月臨時会の日程決まる。

日曜日に投開票された
参議院補欠選挙では、

無所属新人で
前県議の山﨑真之輔氏(40)
=立民、国民推薦=が、
自民新人で
前御殿場市長の若林洋平氏(49)
=公明推薦、及び共産党新人候補を破り
初当選を果たした。

山﨑真之輔氏(無所属) 65万789票
若林洋平氏 (自民)  60万2780票
鈴木千佳氏 (共産)  11万6554票

また、
熱海市内では、
若林氏が1272票上回り、
各候補者の
得票数は下記の通り、

若林洋平氏 (自民) 6155票
山﨑真之輔氏(無所属)4883票
鈴木千佳氏 (共産) 1221票

また、昨日は

熱海市議会議会運営委員会が開かれ、

11会について、
日程その他が決まった、

28日(全員説 
29質疑通締切

11月5日(金)本会
同日、
○総務福
教育
○観光建公営業委
伊豆山土石流災害に関調査特委員(仮

また小生、

オブザーバー出席( 一人会派)でもあり、
昨日の議運の席では、
一言も発することなく、
議運の進行に同意して席を立った。

その他、同日、

議会事務局を前に
伊豆山土石流被害者メンバー
大勢の取材陣に囲まれていた。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top