熱海市伊豆山土石流で通行止めの国道135号線が開通!

昨晩も、
小生の事務所の前を
陸自の
災害対策救援隊の車列が通った。

今月3日に起きた
熱海市伊豆山の土石流災害により、
一変した市内の風景。

約一ヶ月が経過するのだが、
未だ、
安否のわからない人が5人もいる中、
日夜、
捜索活動を続け復旧作業を継続する、
他県から駆けつけた
陸自や消防関係者の皆様には、
心から感謝の意を表したい。

そんな中、

9月定例会を前に、
軽々には言えないものの、
我々、
市議会議員に出来ることは、
土石流が、
自然災害によるものなのか、
或いは、
多くのメデァが指摘する、
行政の怠慢による

”人災”なのかについて、

被災者の方々の立場に立って、

盛り土を行なった当時の、
市議会議事録の読み直して
事の真相に迫りたい。

また昨日午後3時に、

伊豆山土石流災害で不通となっていた、
国道135号線の
復旧工事が完了し26日ぶりの開通となった。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top