旅館松月さんよりマスク5万枚の支援を頂きました。ありがとうございます。

今月3日、

熱海市伊豆山で発生した
大規模な大土石流により、
死者行方不明者合わせて数10人、
押し流された家屋など、
100棟以上が
全壊及び損壊する大惨事となり、

昨日は

大規模土石流発生後初の、

熱海市議会各派による
代表者会議が
議長応接室で開催され、
今後の対応について
意見交換が行われました。

小生からは、

被災者に対して、
市長の口から仮設住宅等の
手当について
一刻も早い、
アナウンスが必要であり、

また、

対策本部に
議長が入っていない不可解さを、
直接、
越村議長に進言する。

午後4時過ぎには、
知人で
旅館「松月」(江草東代表)から
マスク5万枚の
支援の申し込みがあり、
越村議長を通じて
市の所管課に納めました。

さて、

川勝知事が口火を切った、

土石流の原因と盛り土との因果関係。

どういう工法でなされたのか、
どういう目的で、
どなたが盛り土をしたのか、
しっかりと
検証する必要があると発表してから、

マスコミ報道やネット上では、
盛り土を行なった
関係者の名前をあげて、
大惨事を招いた、
原因究明に拍車をかけています。

ただ、

今日の代表者会議には
当局側からの出席者はなく、
小生からの、
盛り土と土石流に対する
行政側に対する、
許認可についての質疑は見送りました。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top