熱海市で129例目の新型コロナ感染者が確認されました。

昨日(3日)東京都では
508人が、
新型コロナウイルスに
感染していることが確認されており、
N501Y型変異ウイルス感染者は
300人と発表され、

内訳は、
20代、30代が135人、108人と
高齢でない成人に
増加傾向がみられます。
また、
16人の死亡も確認されています。
 
一方、

静岡県は40人が感染し、
熱海市でも129例目となる、
高齢でない成人の
新型コロナウイルス感染が確認され、

発熱、吐き気、下痢の症状があり、
2日に
陽性が判明しました。
また、
感染経路については、
県内陽性者との濃厚接触で、
この人の
濃厚接触者はいないとのことです。

熱海市内では高齢者への
ワクチン摂取がスムースに進む中、
今後も、
変異型ウイルス感染も含めて、
市民にとっては、
気の抜けない毎日が続きそうです。

他方、

東京オリパラ大会開催に向けて
賛否が相次いでいますが、
政府は
開催の意向を固めたという
報道もありましたが、

関連して、

熱海市も

ブルネイのホストタウンとして、
オリパラ大会参加選手団の
受け入れに向けての
情報収集を続けているようですが、
今のところ、
ブルネイ側からの回答待ちにあり、

現在、

ブルネイ在住で現地ホテルでスティ中の、
(一社)熱海ブルネイ錦鯉振興協会の
池田修一代表理事も、


14日間の足止め期間終了後に
大河内博氏の協力のもと、
ブルネイ選手団来熱の可否について、
回答を受け取る予定です。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top