ロイヤルリゾート熱海の矢野健司店長、背椎後縦靭帯骨化症手術のため市内の病院に入院。

月一親睦会(平石会)のメンバーで、
熱海市内の老舗、
リゾートマンション販売会社
ロイヤルリゾートの店長、
矢野健司氏が、
昨夜の海上花火大会を前に、
食事のため、
小生のラーメン屋に来店しました、

矢野氏は現在、

脊髄にある靭帯に
骨が発生しやすい体質ということで、
急遽、
脊髄を圧迫している
骨を取り除く手術を行うため、
今日日曜日に、
市内の病院に入院するため、
その報告方々来店しました。

この症状は

脊髄の圧迫が強い場合は、
転倒など警備な外傷で
手足の痺れが出るようですが、
矢野氏の場合は、

手指の運動障害や
歩行障害が出ていることから、
手術を行うようです。

この手術には、
難病指定を受けることで、
費用の一部は、
公的支援の対象となるようです。

また、

靭帯骨化症は遺伝的な因子があり、
矢野氏の祖父や父親に
靭帯骨化があり、
本人に糖尿業の気がある場合は、
最も危険なタイプだと、
診断されたようです。

ここ一年以上も前から、
矢野氏の歩き方が気になり、
老化を懸念していたのですが、

背椎後縦靭帯骨化症、
黄色靭帯骨化症という聞き慣れない
病症が原因でした。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top