• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 国交相や農水省など、国を挙げてドローン普及の動きあり。

国交相や農水省など、国を挙げてドローン普及の動きあり。

ドローン市場が活況を呈し、
爆発的な成長を遂げたのは、
ここ数年のことで、
その市場の成長はコロナ渦にあっても、
止まる事を知りません。

国土交通省や農林水産省など、
国を挙げて
ドローンを普及させようとする動きもあり、

ドローンを 利用した測量、農薬散布、
インフラの点検などが
実際に行われ成果を上げており、

今後は

物流や 警備、災害救助などの分野でも
ドローンの
活用が期待されています。

また、
国は2022 年を目途に
登録制開始を行う予定で、

2020 年2月 28 日に
日本政府は航空法の改正を行い、
2022 年を目途に
ドローンの登録制度の導入を
閣議決定しました。

今後は、

ドローンの所有者は氏名、住所、
ドローンの種類や形式を
ネットで
国土交通 省に申請すると
識別番号(ID)が
通知されることになっており、

日本政府によると今後
ドローンの
免許制度が導入される方針です。

安全のためのルールが
厳しくなっ ているのは、
ドローン業界の
発展の根拠でもあ流ことから、

今回、

ドローンに関する専門知識を得て、
「ドローン×地方創生」に寄与するため

サテライトオフィス誘致企業である、
「T」社と共に、

ドローン専門スクールの
熱海校開設を視野に入れて、

ドローン講習を受講いたしました。





Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment