• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海芸妓置屋連合組合及び置屋さんの再生支援を目的の、市当局に対する問題提起。

熱海芸妓置屋連合組合及び置屋さんの再生支援を目的の、市当局に対する問題提起。

ブルネイ・ダラサーラーム国在住の、
大河内博氏が来熱しました。

大河内氏は、

東京オリンピック開催を前に、
ホストタウン合意している、
熱海市を表敬訪問し、
今後の展開などについて、
30日火曜日に、

熱海市役所第3庁舎会議室にて、
熱海市の所管課と、
話し合う予定ですが、

小生は、
24日から大河内氏を伴い

新潟県小千谷市に飛び、
熱海市内の施設を始め、
ブルネイ国内への輸出を目的に、
日本の国魚としてヨーロッパを始め、
東アジア諸国にも実績のある、
錦鯉生産者を訪問して来ました。

詳しい話は後日記載しますが、

その前に、

2月定例会で質問している、
熱海芸妓組合連合会に対する、
市当局幹部の考えをご案内いたします。

・・・・

< 立見観光建設部次長 答弁 >

見番維持補修費の総額は11,988千円。
交付先は
熱海芸妓置屋連合組合であります。

【 再質問③】

歌舞練場(見番)の
土地建物の所有者は芸妓置屋連合組合か

< 立見観光建設部次長 答弁 >

所有者は熱海観光事業株式会社です。

【 再質問④ 】

それでは歌舞練場(見番)と
芸妓置屋連合組合の関係を説明願います。

< 立見観光建設部次長 答弁 >

芸妓置屋連合組合は、
芸妓見番歌舞練場を所有する
熱海観光事業株式会社から、借り受けて稽古、

「華の舞」などの
イベントの場所として使用するほか、
事務所を構えております。

【 再質問⑤】

静岡県の補助金が確保できなかったことは
置いておくにしても、
市の補助金の支出先は、本来、
建物を所有する
熱海観光事業株式会社ではないのか。

< 立見観光建設部次長 答弁 >

熱海芸妓置屋連合組合と
熱海観光事業株式会社とは
不可分の関係でもあり、

歌舞練場の改修は、芸妓文化の伝承、
「華の舞」などの
観光イベントの継続などに
不可欠と考え支出いたしました。
ご指摘の点は、
当時にもいただいたところであります。

【 再質問⑥ 】

二重構造となっており、

不動産を所有する
熱海観光事業株式会社が
見番を抱えている限りは、

芸妓さんを抱える
置屋さんの存続も不可能であり、

今後、

熱海をどりや華の舞の存続に関しても、
様々な問題が起きてくる可能性は否定できません。
その辺の
複雑に絡み合った糸を
スッキリとするためにも、
私は問題を提起しています。

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment