熱海市に篤志家から2度めの寄付「一億円」が。コロナ渦の暗雲垂れ込める中に一条の光。

今朝は、
バッドニュースと
グッドニュースの二本を
お届け致します。

一本は、
市内に住む高齢じゃない
男性が、
市外陽性者と接触し、
市内56例目の
新型コロナウイルスに
感染したこと、

もう一本は、

議会事務局からで、

熱海市に縁のあるご夫婦から、
匿名希望で、

寄付金、
”1億円”があったニュースです。

またこのご夫婦からは、

熱海市発展のために、と、

本年8月にも、
3千万円が寄付されています。

これに対して、

市長は、

多額の寄付を頂戴し
ひとかたならぬご厚情を賜り、
深く感謝しております。

新型コロナウイルス感染症の
感染再拡大が心配されるなか、
熱海市においては
感染拡大を防ぎつつ、
市内経済を回し、
施策を展開していくのかが
大きな課題であり、
これを乗り越えるためには、
オール熱海で
立ち向かわなければなりません。

このような時期に、
貴重なご寄付による
多大な支援を頂いたことは、
市民にとっても
大きな励ましとなったものと
確信しております。

ここに市民を代表し
心より感謝申し上げます。

熱海市が

この苦境を乗り切り、
発展していくよう、
頂いたご浄財は有効に
大切に活用させていただくことを
重ねてお約束いたします。と、
コメントしています。

私からも感謝申し上げます。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top