• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 無駄な解体費用(旧梅園荘跡地)7000万円他ポルトガル訪問費用約600万円の予算執行に待った!!コロナショックにその予算を有効活用せよ!

無駄な解体費用(旧梅園荘跡地)7000万円他ポルトガル訪問費用約600万円の予算執行に待った!!コロナショックにその予算を有効活用せよ!

バンデミック宣言された、
新型コロナウイル感染、
アメリカへの拡大も大きく、
ついに、
東京オリパラ開催に向け、
開催、延期、中止の
選択肢に向かって、
関係者にとっては、
風雲急を告げる事態に
直面しています。
他方、

感染拡大阻止に向けて
オール日本で
取り組んでおり、
昨日の、
安倍首相が
記者会見を開き、
先日可決・成立した
新型インフルエンザ等
対策特別措置法の
改正法について説明するなど、
国民の視点に立った、
希望も、
少々見えてきた気がしました。

とまれ、

観光地熱海には今の所、
感染者は出ていないものの、
コロナショックは大きく、
ごく一部の、
人気店を除いて、
基幹産業全般に、
客離れの状況が続いており、

熱海市独自の
緊急経済対策について、
要望する声が
日増しに高くなってきました。

小生も先の本会議で、
無駄な予算を、
コロナ対策に回せないか、
質問しているので、

前回に引き続き、
熱海ネット新聞が取り上げた、
残りの記事を掲載します。

/////

ーまた、村山氏は
今年度当初予算の編成に反発。

「この非常時に
売り先も決まっていない
市営養護老人ホーム
『梅園荘』の解体に
7000万円、

主だった目的もない

海外姉妹都市
カスカイス市(ポルトガル)訪問に
519万円。

いま優先すべきは
市民の生活。この予算を

夜の街で
必死に生きている人や
様々な業者の
救済支援に
活用できないか」と言及。

これに市当局が

「計上している予算と
今後の経済対策は別に考えている」と
つっぱねたことから、

傍聴席から

「それはおかしい」

「市幹部は
市内経済の実情が分かっていない」などの
批判の声が上がった。

(熱海ネット新聞・松本洋二)

//////

その答弁を受けた小生、

質問席から、
ひな壇に並ぶ、

熱海市役所幹部に向かって、

「皆さんの中に、
コロナウイルス感染問題のあと、
夜の繁華街の実態を
リサーチした方はいますか」

「いたら挙手願います」と

問いかけたところ、

10数人居並ぶ中から、
手を上げた
幹部職員は僅かひとりでした。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment