中津市(大分県)の東京オリパラにおけるイスラム教国とのホストタウン推進を学ぶ。

ブルネイとの、
ホストタウン計画を実現するには、
同じ、
イスラム教国の一つである、
例えば、
ブルネイの隣国、
マレーシアとの間で、
ホストタウン計画を実施する、
自治体から
食事、風習などに関する、
情報収集が
不可欠となります。

そこで、参考として、
表敬訪問したのが、
大分県中津市でした。

中津市の所管課は、
市の教育委員会。

中津市教育委員会では、
マレーシアとの間で、
東京オリパラ開催に向けて、

マレーシア
パラバドミントンチームの
受入れ準備に係る、
注意事項について、

教育委員会、
スポーツ推進係の
和才主幹と山本主任のお二人から、
イスラム教国との
ホストタウンに関する、
選手を向かい入れるための
経緯や注意事項など
勉強させて頂きました。

例えば、中津市では、

◎ビザの申請について
◎ハラル料理など滞在中の食事について
◎歓迎レセプションについて、
◎パラリンピアンの
障害の度合いについての
レンタカー福祉車両の確保等の他、
全体的な予算に関しても
詳しく
お話を聞くことが出来ました。

 

そして今日から、

熱海市とブルネイとの
ホストタウン計画実現に向けて、
今日から、国や
熱海市の関係者とともに、
ブルネイの
政府関係者に対して、
表敬訪問し、
ホストタウン実現を目指します。

また、

先日表敬訪問した、
中津市の
大下教育次長を始め、

和才、山本の
両担当職員さんには
厚く御礼申し上げます。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top