熱海市の宿泊人員数、今年も300万人超えは確実!!

今月25日に、

熱海市が公表した
先々月10月の
宿泊旅行統計調査、つまり、
入湯税ベースでは、

市内の延べ宿泊者数は
21万5017人ということで、

前年同期の
26万4085人に比較して、
約20%の
減少をみせましたが、これは、

台風19号の影響によるもので、
一部地域の断水などで、

宿泊キャンセルが
続出したことが
原因と見られています。
また、
今年月から10月末までに、
累計宿泊者数が

258万3350人となったことから

11月、12月とも
前年を上回る
宿泊客がカウントされており、

早くも、

5年連続で宿泊数の
300万人を超えるのは、
確実となっています。

ただ、

宿泊数300万人超えも、
市内大手の
宿泊施設法人の多くが、

首都圏にあることや、
非正規雇用者が多いこともあって、
法人税等の税収が上がらず、
市内経済への
波及効果は薄く、熱海市の

経済振興施策に対する、
効率的な
対応が不可欠であり、かつ、

市有地の積極的な利活用が
求められています。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top