• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 東京オリンピック・パラリンピックを前に、観光地熱海市はどのうような施策を持って対応するのか!

東京オリンピック・パラリンピックを前に、観光地熱海市はどのうような施策を持って対応するのか!

昨日は午前10時30分より、
熱海市庁舎4階にある、
金井副市長室にて、
来年開催される、

東京オリンピック・パラリンピックを前に、

これまで、小生を含む、

観光地熱海の魅力を、
オリンピック開催を機会に、
世界発信したいと願う、
市内外のメンバーが進めているのが、

オリンピック・パラリンピックに
出場する国々の中から、
選手とスタックを受け入れ、
国際交流を深める、
ホストタウン計画について、

先ずは、
金井副市長と面談し、

これまで進めてきた、
意中の国名をあげながら、

新副市長の意見を聞きながら、
これまで見えてこなかった、
金井氏の
行政手腕についても、

熱海ホストタウン計画を具申したことで、
斟酌させて頂きました。

また、

この計画は進めるきっかけは、

斎藤市長が今月2日に

各部課長に通達した

令和2年度予算編成方針にあります。

施政方針のなかには、
下記の下りがあったからです。

➗➗➗➗➗➗➗➗

「熱海市のさらなる発展に向け、

引き続き、
熱海2030ビジョン􏰀 「観光・経済􏰀活性化」、
「教育・福祉􏰀充実」、
「仕事・くらし􏰀変革」の
3つ􏰀柱立てを基 本とする。

上記の大きな方針に加え、

職員においては、

常に世􏰀中の
新しい動向に好奇心を持ち、

アンテナを高くし、

デジタル革命を始めとした
グローバル規模の
テクノロジー等に関する
変 化を踏まえた

施策に取り組まれることを期待したい。

また、

令和2年度は、

東京オリンピック・パラリンピック開催の年である
こうした機会を
的確 に捉えた施策についても
意識していただきたい。

各部課長におかれては、

職員の創意工夫・チャレンジ精神が
常に発揮できるよう
環境づ くりに取り組むとともに、

部署横断の施策検討・実行を
常に意識するなど、

強いリーダーシッ プを発揮されたい

➗➗➗➗➗➗

つまり、

熱海の将来を担う
各所管課を代表する地元職員さんに
今回は、
オリンピック開催という、
キーワードに、

国の担当諸官庁からの、

”レア”な情報を
職員さんと共有することで、
どのような、
対応策が生まれてくるのか、
期待しての、
金井副市長との面談でした。

面談の詳しい内容は、
11月議会を通して掲載する予定です。

 

 

 

11月議会を前に、また、
熱海市
隔靴掻痒的な

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment